NEWS新着情報

段ボール会社の用語集

INFO

段ボール会社の用語集

<ア>
・アニロックスロール:anilox roll:フレキソ印刷機のインキングをコントロールするために取り付けられているローラー。一般的には,表面に均一なセル(小孔)があり,セル容積の大小で,刷版へのインキ供給量を調整できる。
・アンビルシリンダー:(anvil=押し付けること cylinder=円筒形の部分):打ち抜きを行う際に受けとなる部分

<イ>
・E フルート / E 段:(E flute):1mm 厚の段ボール(シート) / 段の数が30Cm当たり93±5段、段の高さが約1mm。
・インキロール:(ink roll):印版にインキを供給するロールの総称。
・印刷シリンダ:(printing cylinder=円筒/円柱):印版を取り付けるシリンダ。版胴ともいう。

<エ>
・A フルート / A 段: (A flute):5mm 厚の段ボール(シート) / 段の数が30Cm当たり34±2段、段の高さは約5mm。

<オ>
・オーバーラップ:(overlap=重なり合う):フラップが互いに重なり合った状態。
・オートフィーダー:(auto=自動 / feeder=与える・送る・供給):製箱機に自動的に段ボールを供給する装置。
・送りロール:段ボールを前の機構から次の機構へ移すためのロール。

<カ>
・カッター:(cutter=カッター):カットオフマシンとも呼ばれ、ダブルフェーサで貼合された段ボールを、定められた寸法に流れ方向に直角に断裁する機械。

<キ>
・キッカーバー:(kicker bar):段ボールをフィードロールに送り込むための板。
・給紙部:(feeding=送る part=部分):製箱機で段ボールを次の機構に送り込む装置。
・木型:(wooden=木 pattern=型):抜き型(cutting die)とも呼ばれ、平板又は湾曲状の合板又は鋼板に、切刃や罫線刃を組み込んだものである。平板状のものはプラテンダイカッタに、湾曲状のものはロータリーダイカッタに用いられる。

<ク>
・グリッパーマージン:(gripper margin):クワエ代の落ち屑(grip=つかむ、margin=余分)
・クラフトライナ:(kraft linerboard):クラフトパルプを主原料として抄造した板紙。
・クリーズ:(crease=折り目):段に平行に入れたけい線。

<コ>
・コルゲーター:(corrugater):波形をつける、しわを寄せる:段ボールの中芯の波型構造を作る機械

<シ>
・Cフルート / C 段: (C flute):4mm 厚の段ボール(シート) / 段の数が30Cm当たり40±2段、段の高さは約4mm。
・シングルフェーサー(single facer):中芯を波形に段成形し、その頂点に接着剤を塗布した上でライナと瞬間接着させ、片面段ボールを製造する機械。
・ジュートライナー:jute(植物由来の天然繊維。長くて柔らかくかつ光沢のある繊維) linerboard:主に段ボール古紙を原料として抄造した板紙。

<ス>
・ストリッピング(stripping):はぎ取り、除去
・スコア:(score=切り込み線):段に直角に入れたけい線。
・スリット:(slit=切り込みを入れる):段ボールの切り口。
・スロット:(slot=溝):段ボールの切り込み溝。
・捨て版:段ボールが印刷部を通過する際の送り用に使用される印版。

<セ>
・セミハードダイカッタ:(semi-hard diecutter):アンビルシリンダー表面に巻付けた薄いステンレス板に、抜型の刃を若干食い込ませて、段ボールを打抜く機械。ロータリーダイカッターの一種。

<ソ>
・ソフトダイカッタ:(soft cut die cutter) :抜き型の刃を軟質のアンビルシリンダに喰い込ませて打ち抜く機械。
・速乾性インキ:(quick drying ink):グリコールにアルカリ可溶樹脂を溶解したワニスに顔料及び添加物などを加えて練り合わせたインキで、主に吸収と拡散により乾燥する。

<タ>
・ダブルフェーサ(double facer):シングルフェーサーで作られた片面段ボールの段頂に接着剤を塗布し、ライナーと接着させ、両面段ボールを製造する機械。

<ト>
・トムソン(thomson):米国トムソン社で作られたプラテン型打抜き機の一種であり、現在国内では最も多く用いられている打抜き機である。仕組みが簡単で堅牢安価であるが、打抜き速度が低速で、小物しか扱えないため、小ロットに適している。また、ストリッピング作業に手間を要し、手作業によるむしり取り作業が必須である。

<ヒ>
・B フルート / B 段: (B flute):3mm 厚の段ボール(シート) / 段の数が30Cm当たり50±2段、段の高さは約3mm。

<フ>
・フラップ:(flap=折り返し):段ボール箱のふた又は底となる折り曲げ面。外フラップと内フラップとがある。
・フィードロール:(feed roll):製箱加工する段ボールを給紙部から次の機構に送り込むロール。
・プラテンダイカッタ:(platen=平らな金属板 die=打ち型 cutter):平板に刃物を取りつけた木型と、一方の金属板との間にシートを挟み、刃物の上下運動で打抜く方式のことをいう。 打ち抜き

<ミ>
・ミルロールスタンド(mill roll= ロールを引く stand= スタンド) :段ボール原紙を支持する機械で、通常2本の原紙を同時に支持し、交互に運転させることにより連続運転が可能

<フ>
・フラップ(flap):(上下に動く、折り込み部):段ボール箱の上下の開口部分。内側になるフラップを内フラップ、外側になるフラップを外フラップ
・ブランクス納品(blanks):(むき出しの、空白の):ケースを抜いた状態で納品される事(貼り加工はなし)
・段 (flute):波形に成型した中芯の形状でフルートと呼ばれる。フルートの語源は、「フルートの形が、古代西欧における朝廷の侍者の衣装についているひだのある襟によく似ているのでフルートと名付けた。」と言われている。

<レ>
・レジスタ:register=登録:印刷及びスロッタの位置を調整する装置で、ランニングレジスタとパラレルレジスタがある。

<ロ>
・ロータリーダイカッター:(rotary=回転構造を持つ、die=金型、cutter=カッター):回転構造を持つ、金型を用いたカッター